2016年GW 地中海クルーズ 7 乗船!コスタファボローサ

2016-05-02 (Mon) – Day 3 – 

今回乗るのはコスタクルーズのコスタファボローサ:西地中海ショートクルーズ3泊4日コース

バルセロナを出航してマルセイユ(フランス)→サヴォナ(イタリア)→バルセロナ(スペイン)に戻ってくるお気楽カジュアルクルーズです。 

今回は初めてなので、バルコニー付きのお部屋を2部屋並びで代理店の若者にお願いしていました。新入社員みたいな元気だけが取り柄です!的な青年で、申し込みの段階からトラブル続きだったのですが、受け取った部屋番号がかなり違います。まさか・・・まさかまさか!?部屋が並びじゃないじゃーーん!「並びのお部屋が予約出来ました!」っていうあれはなんだったんだい・・・。 

まぁ、文句を言っても今更なので、気を取り直して船の中の探検に出かけました! 

早めの乗船なので、まだ船内にはそんなに人がいません。 
屋上デッキにズラーーーッと並ぶ無人のデッキチェア。 

5月上旬、日差しはあっても風がまだ冷たくて、プールはかなり辛いです(日本人には) 
しかも、プールの水は海水で冷たく、敏感肌の長男は「ピリピリして痛い!!!」とそうそうに引き上げてきました。(日本の海と違って地中海の水はめっちゃ冷たいですね。)

船内はスワロフスキーがたくさん使われたギラギラと輝く豪華な内装です。近所のお城みたいなお家に憧れている、お金大好き長男の目がキラキラ輝いていました。 
ラウンジでは生演奏が流れ、おじいさまやおばあさま方が優雅にくつろいでおられます。 

船内の放送は基本的に5ヶ国語対応(イタリア語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、英語)めちゃくちゃ早口なので全く聞き取れません(-_-;)いや、早口じゃなくたって聞き取れませんでした・・・・(絶望) 
スタッフは胸に自分の話せる言語の国旗バッヂをつけていて、フロントのスタッフはみな複数のバッヂをつけている方ばかりです(6個つけてる人も+ロシア語)ただね、無愛想な人が多くてね、入り口の警備スタッフは女性も男性も最強に怖かったっす。まず、優しそうな人、そしてバッヂを見て声かけてました。苦労したぜ。 

そういえば、2日目下船する際に、警備スタッフに怖い顔で「このカードでは下船できない」と言われ、すごすごとフロントに行くと、無愛想なフロントスタッフに「そんなはずない。問題ない」と言われ、またすごすごと出口へ→警備スタッフに「このカードではダメ」「いや問題ないって言われたんですけど」「ダメったらダメ」怖いー!→フロントに行くとまた怖い顔したフロントの女性が・・・みたいなことがあったりね。色々あったなぁ・・・・orz